栗原畳店は、東京都あきる野市にある、1級技能士による丁寧な仕事で高品質の畳を作る畳店です。

栗原畳店 ホームへ

 

栗原畳店

東京都あきる野市五日市249-1
042-595-1215
info@kuriharatatamiten.com

栗原畳店 ホーム 栗原畳店 畳の良さ 栗原畳店 畳の説明 栗原畳店 価格表 栗原畳店 会社概要
栗原畳店 公式ブログへ

畳を構成する材料から作業まで、すべてお見せいたします!

・畳表、産地
畳グッズ販売ページへ

・縦糸、い草の長さ、畳床、縁

・技術

栗原畳店 お問合せ

畳表

畳表の良し悪しは表を新しくしてから2〜3年後にわかります。
つやがあって、黒い草が少なく、あめ色になる表が理想です。
畳表の品質は
@ いぐさの産地・品質(長さ、光沢、粘り) 
A 縦糸の種類 (綿糸、麻、本数)
B 1枚に使用するいぐさの本数(本数が多いほど目が詰み、厚くなります) 
などによってかわります。 現在は中国から輸入した表が流通していますが、いぐさに粘りがない為に皮のむけが早く、色変わりも早いため当店ではお勧めしていません。一部には中国表で国産表並みの料金をとっているお店もあるようですのでご注意ください。
(当店では国産表使用時には生産者の証書をお渡ししています。)

 

高品質な畳表は緑色からあめ色へと変色します

産地

主な産地に、広島県 岡山県 熊本県 福岡県 高知県 石川県 中国(輸入品)があります。

■広島県
広島産の表は昔から「地草」と呼ばれていて最高級品として扱われてきました。今では生産量も減り値段が高騰してしまいましたが、表に粘りがあるため耐久性があり、きれいなあめ色に変色します。 広島は高い製織技術でも知られていて、熊本産のいぐさを仕入れ、製織もしています。

■熊本県
熊本産は日本のいぐさの約80%を生産しています。近年、品種改良によって作り出された「ひのみどり」種のいぐさは極細で、高級品として扱われています。その中でも一番長い草だけで織った「ひのさらさ」は熊本を代表する表として有名です。栗原畳店では「ひのさらさ」用のいぐさを広島で織った、いわば広島と熊本の良いところどりの畳表を主に使用しております。大量に仕入れているため、高品質のものを安値で販売しております。 価格に対する品質の高さには自信があります!

■石川県
石川県産は「小松表」と呼ばれています。雪の中で育ったいぐさは油分を多く含み、非常に丈夫なため、主に北陸や東北などの寒い地方の暖房畳として使われています。 関東にはほとんど流通していない為「まぼろしの表」と言われています。栗原畳店では独自の仕入れルートにより最高級小松表を枚数限定で販売しています。この価格ではまず売られていません。

■中国
中国表はここ数年で著しく生産量が増えています。値段がとても安く、素人には見分けがつかないので価格競争の現在、多く使われていますが、色変わり・皮のむけが早いので当店では一般家庭向けにはお薦めしていません。

 

 

ページトップへ

copyright2007 kuriharatatamiten all rights reserved.